top of page
  • 杉崎とも江マッサージ・はり灸治療室

週イチで通院?そんな必要ありません

こんにちは。



京王・小田急多摩センター駅から徒歩2分のビルで鍼灸マッサージ院を開業している、杉崎とも江治療室の副院長 杉崎 徹です。




先日、こんな質問を受けました。


週イチくらいで来たらいいですか?




それに、私はこう答えました。



そんな質問をしたら

バッチリ営業トークされますよ。





慢性的な肩コリに悩む30代女性

(仮名∶佐藤さん)



長年に渡り肩コリを抱えているものの【まぁこんなモノか】と、さしたる治療もしてこなかった佐藤さん。


整形外科はじめどこにも受診したことはなく、鍼やマッサージを受けたことも、受けようと思ったこともない。


最近になって、どうにもメガネの度が合わなくなったように感じ、朝起きる度に首から背中がツラい。


花粉症の影響かな?と思ってお薬を飲んではいるものの、近頃は仕事にも支障があるくらいツラくなってきた。


いよいよどこかへ受診しようかなぁ…良いトコないかなぁ…と思っていたところ同僚のススメで当室を受診されたそうです。



問診や肉眼所見で大きな特異は診られず、一見するととても活発で笑顔の多い方です。鍼やマッサージを受けようと思ったこともない、というのも頷けます。



一方で、


【そもそも私に治療が必要なのか?】


【鍼やマッサージで治るのか?】


と半信半疑な面持ちが印象的でした。








多くの方がご経験あると思いますが、肩コリや眼精疲労には【波】があります。


ここ数週間はキツかったけど昨日あたりから勝手にラクになった、などと自然に改善してしまうことが多いでしょう。



また、生活環境にも【波】があります。

春夏秋冬、試験勉強、残業出張、病気やケガなどでも体調の変化が起こります。



そうした中、判で押したように週イチで通院するのが正しいでしょうか。




佐藤さんはあん摩マッサージで


【すっごいラクになった】

【目が見えやすくなった】

【疲れてたんだって初めて気づいた】


そして、

【何度も通わないといけないと思った】


と喜んでくださいましたが、その効果がいつまで続くかは誰にも分かりません。


佐藤さんにも。もちろん私にも。


わずか数日で元の症状になる可能性もあれば、数ヶ月維持する可能性もあります。




ここで大切なのは、

ご自分で【ラインを引く】こと。



あ、この疲れは許せる範囲だな


あ、この疲れはラインを超えたな


よし、治療を受けよう。



こうしたラインをご自身で引けば自然と通院ペースは決まります。




佐藤さんには、こう加えました。



今回の治療が期待や金額に見合うものだったかは、佐藤さんが決めるものです。


その上で、また来たいと思って頂ければ是非来て下さい。



私から次の予約を勧めることはしません。


通院ペースは、佐藤さんご自身の身体が教えてくれます。



ただ、さっきまでの佐藤さんはかなりツラい状態でしたよね?


この状態になる【少し前】にラインを引いて、それを超えたらまた来て下さい。


それがいつなのか?は


身体が教えてくれます。




ご精読ありがとうございました。



杉崎とも江マッサージ・はり灸治療室


📞 042-374-6723


東京都多摩市落合1-6-2


サンライズ増田7F

Commenti

Valutazione 0 stelle su 5.
Non ci sono ancora valutazioni

Aggiungi una valutazione
bottom of page