top of page
  • 杉崎とも江マッサージ・はり灸治療室

ツボにハマる治療とは?①

こんにちは。


京王・小田急多摩センター駅から徒歩2分のビルで鍼灸マッサージ院を開業している、杉崎とも江治療室の副院長 杉崎 徹です。



前回は、鍼とマッサージの使い分け方を書いてみましたが、よくよく読み返してみると【あん摩マッサージよりも鍼の方が治療効果が高い】と思えてしまう内容になってしまいました。



そこで今回は、私が考える【本当のあん摩マッサージに必要な2つのコツ】について真剣に書きたいと思います。


思いの丈が過ぎて長文になりましたので、今回は2回に分けることにしました。


良かったら読み進めてみてください。





まずはじめに、


私の信条をお伝えしておきます。




①指でツボを押し当てられなければ、鍼でツボに当てられる訳がない。


②ツボにはとても微妙な個人差があるので、教科書に書いてある場所にツボがあるとは限らない。





例えば、

【天柱】と【風池】というツボ。


この2つは【肩コリにはココ!】といわれる代表的なツボで、教科書には頭痛や眼精疲労などにも効果的と書かれています。


当たり前ですが、鍼灸マッサージ師はソコを正確かつ即座に押し当てなければいけません。




ただ、大切なのはそこからでして。




マッサージしながら、力の強弱はもちろん、コリの深さ、角度などを見極め、患者さん各々の【いちばん効く当て方】を探し出すことが重要です。


これが、1つ目のコツ。


その後に鍼を用いるにしても、まずはこの見極めが欠かせません。





ちなみに、その【当て方】を間違えてしまうとどうなるか。



いわゆる、当たらずとも遠からず、文字通りツボにハマらない治療になってしまうわけです。





【当て方のコツ】を

しっかり把握した上で治療すれば、 


『肩が凝ってくると頭が痛くなる』

『背中を柱にゴリゴリ押し付けたい』


などといった症状は、ほぼ一回のあん摩マッサージ治療で改善します。


あん摩マッサージの【当て方】というコツがあってこそ、鍼という治療が成り立つというのが私の信条①です。



信条②につきましては、次回。




ご精読ありがとうございました。






杉崎とも江マッサージ・はり灸治療室


📞 042-374-6723


東京都多摩市落合1-6-2


サンライズ増田7F



Commentaires


bottom of page